2014年11月04日

一般人の自称毒舌家

芸能人の方々で、毒舌家と呼ばれる方々は
歯に着せぬ物言いで、人気が出るのも分かる。

けれど昨今、一般人の自称毒舌家さんたちが増え
しかも毒舌家というより、ただの悪口屋さんになっているのを実際に見たり
ネットで見かけたりするようになった。

毒舌の意味を調べてみると
「辛辣な意見、皮肉、悪口」などのような事が書かれているが
自称毒舌家さんたちは、悪口一本やり。

皮肉のような、遠まわしの言い方や
辛辣なと表現するような言い方の意見も言わない。

これじゃあ、聞いた方としては
悪口を堂々と言ってる感を出してるだけの人、つまりただの悪口屋
にしか見えないんだよね。

毒を吐くなんて自ら公言するからには、それなりの責任とセンスと堂々さが無いと
カッコ悪い。

一般では中々難しいんだろうね。

だからこそ、芸能人の毒舌家さんたちはスゴイし
ウケるんだろうなぁ。
posted by しい子 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

「違う」でもいいじゃないか

私はマイペースな上に変人なので
「人と違う事が怖い」
という人の気持ちなんて分からない、と思っていた。

けれど、よくよく考えてみると
その気持ち、少しは分かる。

皆と「違う」ものを主張したり
自分は皆と「違う」かもしれないと思うのは、とても心細い事だ。

共感してくれる人がいないかもしれないどころか
批難されてしまうかもしれない。

それに耐えてまで「違う」でいる必要性を、多くの日本人は感じないのかもしれない。

さすがに、そういう人たちに
勇気を出せ!だから日本人はいけないんだ。
とは言わない。

けれど「違う」人たちを異質な目で見たり
批難する事は無くしていってほしい。

私のように、傷つきはするが
それでも「違う」である事を突き進む人ばかりじゃない。

「違う」を踏み出しても
周りの言動により、心が折られる人も少なくないはず。

今年流行した「ありのままの」は
何らかの「違う」が自分の中にあったとしても
周りを気にして隠したり、萎縮したりしないで

受け入れてさらけ出す
という事も当てはまるんじゃないかなと思う。
posted by しい子 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

「言ったよね?」

上の立場の人から

「言ったよね?」

という言葉を言われることが、たまにある。

私が、望まれる仕事が出来なかった場合に言われるのだろうけれど

言われた私は、毎度、戸惑うことになる。

その「言ったよね?」

は、どういう意味で言われているのですか?と。
そして、どんな返答を望んでいるんだろう?と。

「自分(上の人)は間違いなく言った(指導した)」 だから悪くないよね?

という意味なのか

「ごめん、言ってなかった?」 こちらの落ち度かも?ならば言って?

という意味なのか

「言ったのに、何故、望みの結果が出せてない?ちゃんと聞いてた?」 勘弁してよ、ちゃんと聞いたでしょ?

という意味なのか


どれなのだろうか・・・。

言われたのを完全に憶えていても
出来なかった私には何も言えないし

聞いた憶えがなくても、私が忘れたのだろうから
聞いてないとも言えず

私は答えられず、少々、だんまり気味で
更に相手を困らすのだった。
posted by しい子 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

私の意見への非難

私が自分の意見をガンと言おうとする時に

私の意見を非難したり
私の意見の仕方に否定的なことを言われることが良くある。

それも、私が信用し
私を理解してくれていると思っていた人たちからということが多く

とても自信を無くすことがある。

そういったことが何度かあっても

私自身は、非難されることを理不尽に感じ
理解してもらえないことを悲しく思うばかりだ。

そうやって反省しないからだ

とまたまた言われてしまいそうだが

まずは理解してもらえてないという
スタートラインにすら立たせてもらえてない気持ちがあり

やっぱり私にとっては
納得いかない思いなのだ。

私の伝え方が、あまりに下手なのか

私の価値観が、一般的にはありえなさ過ぎるのか

非難されるのが当たり前なほど
私は酷いやつなのか

どれが本当なのか分からないけれど

そういった悲しい思いをしながらも
やっぱり、私の考え、意見を言いたくなるのだった。
posted by しい子 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

書きたい

最近、思ったことが書けずにいた。

これではダメだと
ここに戻ってきて、思ったことを思ったように書くことにした。


私は、自分を非難されても
それは傷つくだけで、文章で更なる意見を発信することは出来る。

けれど、無意識であろうと誤解であろうと
私の言葉が、人を傷つけていたことを知ると

自分が傷ついた時より、遥かに心をえぐられ
文章であっても言葉を発信できなくなることを今回知った。


まさに、私の座右の銘
「自分が傷ついても寝られるが、人を傷つけたら寝られない」

なんだと思う。

それでも、私は言葉を発信したい。

女性が、おしゃべりをしたいように

私は口で話す代わりに
文章で話したい。


怖い部分もあるけれど
それでも、自分の思いを書き表したいのだ。
posted by しい子 at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

引っ越します

最近、ここでの記事を書くことが減ってきたので
アメーバで書いている恋愛系のブログとここのブログを
統一することにしました。

今後は、ここで書いていたような
私の考えや

本の感想なども
アメーバの方に書いていきます。

そちらを宜しくです。
http://ameblo.jp/siiko2/
posted by しい子 at 14:01| Comment(30) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

見返りは求めてもいいのでは?

最近・・・

”見返りは求めてもいいんじゃないか”

と考えるようになってきた。


人の世話を焼くのが好きで
相手から頼まれる以上の用意をして、提供するという
友達がいる。

その友達は、自分が好きでやっているんだから
見返りなんていいと言う

私も同じようなこと思うこと多々あるから
わかるんだけど

その友達の親切を受け取り
そして、通り過ぎていく人々を見聞きしていると
なんだか寂しさを感じる。

そして・・・
友達が見返りを求めないことで
図に乗り、友達を使い捨てしているようにさえ思えてきて
悲しくなるのだ。


その友達が困ったとき
親切を受け取った人たちは
助けてくれるのだろうか?

見返りを求めないことで
友達の存在は、周りの人たちに
印象を薄くさせているように思えている。


過度の見返り期待は
相手にも負担だったり、不快かもしれないけれど
少しなら『お互い様』ということで
いいんじゃないだろうか。


自分も何かを求めるというのは
控えめが美徳な日本人には、キレイにうつらないかもしれない。

けれど、そういう欲求が多少でてくるのだって
自然な人間らしい気持ちなんじゃないだろうか。


人に何かをしてあげたら
”『少しぐらいは』(笑)見返りを期待してもいい”
ぐらいが、お互いに思い合える具合なんじゃないだろうか。




【送料無料】東京池袋発祥。行列のできるラーメン店「光麺」つけ麺・しょうゆ・とんこつ・塩の4...

posted by しい子 at 10:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

見た目年齢気になる?

http://escala.jp/lifestyle/hakusyo/081210/index.html

このページのデータからだと
多くの女性が、実年齢より若く見られているようだけど

それは実年齢より若い女性が多いからではなく

「いくつに見える?」

というアブラ汗が流れそうな質問に
気を使って若めに答えてくれた
周りの人の優しさが現れてるだけなのでは?

ここのページにも
『年齢あて』という欄に

「とりあえず人の年齢を当てるときには思ったより3歳下に言っておきます。」

と書いてあるけど
間違っても、上に答えることが無いようにって
気を使って実際見える年齢より、若く答えるものじゃないかな。


そうやって若く年齢を言ってもらうより
堂々と実年齢を公表した方がスッキリするし
私は好きだな。


友達の子どもなどに
私が未婚だということで

「お姉ちゃん」

と呼ばれたりすると

申し訳ない気がしてくる。

子どもからしたら、(いや大人からかもしれないけれど)
私は十分、おばちゃんと呼ばれてもいいと思う36歳。

だから、こういう時も
自分から「おばちゃん」と言うのが気持ちいい。


見ためより若く見えるなら
もちろん、それは嬉しい。

けれど、むりむり
若く見られるなら
歳相応でいいんじゃないかな。

だって、その年齢なんだもの。


もっと歳を重ねて
60代ぐらいになった時に、5歳〜10歳
若く見えたら、そっちの方が嬉しいかも。




しっと〜り!バームクーヘン職人のなせる技!歳月・感謝・お祝の気持ちを年輪に重ねて贈る♪治...
posted by しい子 at 09:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

日本人の知らない日本語

『日本人の知らない日本語』

たまたま彼が買ってきたのを読んでたんだけど
かなり笑えて楽しい本だった。

楽しいだけではなく
日本語について、改めて考えたり
敬語の使い方や、日本人でありながら知らなかった日本語を
知るキッカケになった。

日本語を教える先生は
教科書にありそうな、ありきたりの言葉を教えるだけではなく

とてもマニアックな言葉までも
教えてることもあるんだなと知り

先生も、勉強しているのを
とても感じた。


あまのじゃくの私は
ベストセラー系の本は
「そこまで面白い?」
と面白さを共感出来ないことがあるけれど

この本は、純粋に面白かった。




日本人の知らない日本語




posted by しい子 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・ドラマ等感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

感情と言葉の重み

言葉は、自分で体感してこそ
その言葉に、重みも深みも出てくると思っている。

だから私は、いろんなことを体感して
その時に心に感じたものに敏感でありたい。

感じたことを上手く言葉で語ることが出来なくても
文章として、表すことはしていきたい。


心が感じる気持ちは
適当に流すことは出来ない。

自分が感じた気持ちに向きあうことで

人を思いやる時に、役立つこともある。

「自分が、こうだったから
あいても、こうだ」

と思いこむのは危険だが

相手の気持ちを想像するのに
体感したことのある思いを選択枠に入れると
リアリティが出てくるし

相手の色んな思いに気づくこともある。


自分のも、人のも

感情には、いつも敏感でありたい。




【送料無料】(北海道・沖縄は別途)★宮崎産完熟マンゴー★1〜2玉パック入ご自宅用・ご進物用に
posted by しい子 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。