2008年02月16日

優しすぎる

「優しすぎるよ」
それだけならいいんだけど

それがいけないから直した方がいいかのような
意味合いで「優しすぎるよ」という言葉を聞くことがある。


私は昔から、この言い方に危険性を感じてて

何かスッキリしない思いを抱いてた。

優しすぎることに良くないことなんて無いんじゃないかな。

相手のために良くない?

それだって
怪しい言い回しじゃない?


相手のためというのは
それぞれだし、周りが周りの価値観で決めつけ
「あまやかすと相手のためにならない」

というような意味合いで
止めさせようというの風潮が世の中にはあるけど

それが正しいとは思わない。

自分が苦労してきたから
人が楽するのが許せない・・・

そういう感覚の人もいる

苦労は買ってでもしろと言うぐらいなので
手助けしないで学ぶべきだという考えもある・・・。

けれど、相手のことを思うのだったら
意地悪(もちろん、そのつもりが無い人も多いと思うけど)しないで

優しすぎるぐらい優しくすればいいんだと思う。

それでその人をダメにしたりなんてしない。

優しくしてダメになる人は
一時的に、分っていなくて甘え、怠けてるだけ。

ちゃんと、こちらが心配しなくても学ぶ時はくる。

突き放されたことで自分が学んだ経験のある人は
人にもそれを・・・となりがちだけど

遠回りだし、人によっては
学べなかったり、弊害がある場合も・・・。


「優しすぎる」ぐらい優しいことって
貫きとおすの難しいんだもの。」

「優しい」なら
それを躊躇したり
人のために悪いことだなんて思わず

優しいを極めようよ。




かぼちゃプリンセット(離島は送料300円頂きます)
posted by しい子 at 19:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 人間観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。