2005年12月12日

予想外の贈り物

私、まだ何にも出来てないのに
あるお友達から感謝された。


本調子じゃなくって・・・もどかしく

もっともっと彼女の力になりたいのに

動けてなくて。


逆に、彼女に励まされた。



私は
「人に何かをしてもらう私」じゃなくて
「人に何かをする私」でいるはずだと思っている。


だから昔、思いもかけない
私への贈り物(物じゃなくて、事柄って感じかな)が
あった時に、とても戸惑って

どうしていいか分からないことがあった。

そして戸惑いと遠慮とで
ありがたさと嬉しさを素直に表現できずに
相手を拗ねさせてしまったことも・・・。


私が考えられる範疇の
私に対する『何か』だったら感謝もすんなり出るのに

それを飛び越えちゃうと
「これは何かの間違いよ」
と勝手に決めちゃうのよね。


お友達が私に言ってくれた言葉も
予想外に大きなものだったから
申し訳無いぐらいだった。


私も、もっともっと彼女の力になりたいな。
posted by しい子 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。