2006年03月29日

ライバル

世の中って辛いことや
不公平でも耐えなくちゃいけないことがある。

でもその度合いは人それぞれで

褒めてもらえる度合いや
甘えても怒られない度合いも違う。


私はかなりのヒガミ屋だから

「文句言ったところで
どうにもならないだろうし
人より条件が悪くても1.5倍から2倍の課題を
こなさないとダメだ」

と勝手に自分で決めて動いてた。

条件が悪いと所有しているものの質も
他の人より悪いことがある。

だから規定数じゃなく余分に1.5倍から2倍と見積もる。



そしたらね、それよりも
ずっと条件も悪くて困難な状況もあるのに
更にやり抜こうとしてる人がいてね

めちゃカッコイイやんって感じた。

負けてらんないと思ったよ。






人が甘えられてる状況を見たり
不公平さを訴えたら簡単に状況改善をしてもらえたりすると

私の中でスネた気持ちが沸いてくるだけど

同じぐらいか、それ以上の困難でも
文句言わずにやろうとしてる人がいると
私までやる気が違ってくるなぁと
しみじみ感じた。

好敵手みたいなのって必要だね。


学研大人の科学/ベルリナー式円盤蓄音機
学研大人の科学/ベルリナー式円盤蓄音機
posted by しい子 at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分より困難な状況で頑張っている人を見て、
自分も頑張ろうって思うのは………
ある意味、見下しですよ。

「あなたは私より辛い立場にいるのに頑張っている!
偉いわ〜私も頑張ろうと思う」

こういう台詞、一度言われた事がありますが。カチンと来ました。
自分より下を見つけて安心したいだけなんですよね。

本当に頑張る人は、他人の状況なんか見ている暇は無い。
自分の為に無我夢中で頑張るのです。
Posted by 琴 at 2006年03月30日 15:58
見下しじゃないですよ。

琴さんの言われた状況、少しだけですが
分かるような気がします。

それって、その人は口で「私も頑張るわ」と
言うだけでそれほど頑張ってるように
見えないこともあるから
余計カチンとくるんじゃないかって想像します。


人が困難な状況でも頑張ってるのを見て
私も頑張ろうと思うのは
私は見下しでも悪いことだとも考えてません。


困難な状況は私だけじゃなく
その人もで、しかも私以上に頑張ってると
分かると、困難が無い人を羨ましく思う気持ちは
忘れて、私も頑張らなきゃって思えてくるんです。
Posted by しい子 at 2006年03月30日 16:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。