2006年06月11日

相手のためにならない?優しさ

「相手のためにならない」

「相手を傷つけるだけ」

私が人に何かをしたいと思ったり
してる最中に人から言われることのある言葉。


指摘された直後は
反省気味に、うなずく。

けれど、時間が経ったり冷静になると
何だか納得出来ない気持ちが出てくる。


相手のためって何?

人の価値観や幸せが色々あるように
その相手のためも周りが決めれるものなのかな?


「相手のためにならない」
と言った人の正義感であって
相手の望むことでは無いかもしれない。

「相手をきずつけるだけ」
というのも
傷つくか傷つかないか

もしくは、傷ついたとしても
その言葉や行動をしてもらう方が嬉しい相手だって
いるかもしれない。


私のワガママな自己満足で
動いてるというのは当ってることが多い。

けど、私のワガママだと
相手に何かしたいと思ったり動いたりしちゃ
いけないのかな?


優しさに「本当」とか「嘘」とか
あるのだとしたら
それも指摘する人の価値観じゃなく

受ける方の人の気持ちでせめて考えていい気がする。



と言いつつ、私はやっぱり
優しさが本当だろうが嘘だろうが
相手にしたい欲求を満たそうとしちゃうんだろうなぁ・・・。



【送料無料】キリンラガー(350ml缶)2ケースセット
【送料無料】キリンラガー(350ml缶)2ケースセット
posted by しい子 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。