2006年06月25日

過去を語りたがる

今は、かなり治まってはいるけれど
私は自分の過去を話したくて仕方がなくなる事がある。

普段の生活だけでは
「私」という人間の半分も知ってもらえない
気がするのと

甘えたり、人に精神的に近づくのが
下手だからかもしれない。


昔は、それ以外にも
同情が欲しかったからというのもあった。

同情はしてもらえるのが
羨ましくてたまらないという憧れで

頑張ったり、辛い思いをするほどに
今度こそしてもらえるかもしれない

この程度でくじけちゃ同情してもらえないと
生きる目標でもあった。


今も、同情に憧れるところはあるけれど
そういう意味合いで過去を知ってほしいとは
思って無い。

まだまだ過去の私じゃ甘ちゃんで
同情してもらえるほどじゃないし

それよりも、過去の私を知っても
私を拒否しないでいてくれるという姿を見て
安心したい気持ちの方が強いんだと思う。


2〜3年前に比べたら
自分では、かなり過去のことを語らず
我慢出来るようになったと思うけど

どうなんだろう・・・まだまだ
それでも過去を話したがる気持ちは強いけどね・・・。



ワインアドヴォケイト誌・脅威の94点!ブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウーア・アウス...
ワインアドヴォケイト誌・脅威の94点!ブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウーア・アウス...
posted by しい子 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。