2006年06月26日

不良さんに憧れて

昔から
不良さんが羨ましかった。

とっても素直な人たちに見えて・・・。

親に愛されたいって思えることも
キレイな心なんだなって羨ましかった。


心の中は
どうしようもなく冷めてるのに

真面目な良い子ちゃんのようだった学生時代。


あの頃、もっと熱い思いがあれば不良さんに
なれたのかなって。


まっさらな心を持ってる不良さんや元不良さんを見てると
すっごく劣等感みたいなの感じる。


ファザコンだったのに打算的に母親と暮らすことを
選んだことや

家庭円満が欲しくて娘から女になったことも


軽蔑されても仕方ないと怖くなる。


不良さんになれてたら
キツイことも、あったかもしれないけど
でも、精神的に堂々といられたのになって
時々思う。




皮まで食べられる丸ごとかぼちゃのプリン☆カット☆
皮まで食べられる丸ごとかぼちゃのプリン☆カット☆
posted by しい子 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。