2006年07月25日

怒る前の一呼吸

世の中には色んな人がいる。

私の価値観だけが正しいわけじゃないし

ちょっと絡んだだけでは
相手の本質が見えなくて誤解してしまうこともある。


そうやって考えていくと
すぐには怒れなくなってしまった。


心の中では怒ってるんだよ。短気だしw


深呼吸して、もう一言突っ込んで
相手に質問してみると
相手の事情が少しずつ見えてくる。

それを繰り返していくと
言葉が足りなかっただけで
相手には悪気が無かったことが分かる「場合もある」


「場合もある」ということは
本当に怒っても良かったことだってある。

だから見極めが難しいんだけど

そんなことを考えずに
怒りたくなったら怒ればいいのか

それだと誤解で人を傷つけることもあるしと・・・


まぁ、無理して怒らなくても
怒らずにいられるなら怒こんなくてもいいのかもね。




たまごの味、じっくりご堪能ください。うこっけいのkimiプリン12個セット
たまごの味、じっくりご堪能ください。うこっけいのkimiプリン12個セット
posted by しい子 at 23:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
例えば「嘘」について
相手を「だましてヤレ」と思って言ったのか
相手に「心配かけたくない」と思って言ったのか
嘘を言う背景によって対応も全く違ってきますよね。
本気で怒るのか、逆に こちらが謝るのか。。。

反射的に怒り返さずに、一呼吸の深呼吸がとっても大事ですね。
Posted by 龍一 at 2006年07月27日 00:47
私が一呼吸、置いちゃうのは
「だましてヤレ」に近い方ですね。

「心配かけたくない」は逆に「私」がそれを
望んでないのを見て無いことに
寂しさと相手との距離感を感じて、それ以上
関わり辛くなっちゃいます。

「だましてヤレ」は本当にそんなこと
思ってるのか、何か話辛い理由があるのではないかと
色々考えてしまうのです。
Posted by しい子 at 2006年07月27日 06:54
ペイパーリルは、人とか堪能したいなぁ。
Posted by BlogPetのペイパーリル at 2006年07月27日 13:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。