2006年09月13日

偏食

私は食べ物の好き嫌いが多い。

だからか

「好きな食べ物は?」

と聞かれると、ご飯・おかず系のものが浮かんでこない。

「クッキー」とか「クルミパン」とか

どうしても、そっちにいっちゃう。


何処に何を食べにイク?と聞かれて

「ラーメン」とか「パスタ」と
麺類を答える人、多いけど

私は嫌いじゃないんだけど
好んで麺類食べにイキタイとは言わない。

食べ方が下手なのも理由の一つだし
薄味党だから濃いつゆだったら困るから。


後ね、コンビニなどでお昼ご飯買う時に
お弁当は、ほどんど買わない。

これもやっぱり好き嫌いが多いから
お弁当に入ってるもので食べられないものが
いくつかあるだろうし

ならば、おにぎりやパンでいいやって思っちゃうの。


子どもの頃は、自分が
こんなにも偏食があるとは自覚してなかったんだけど

大人になってから
「あれ嫌い」「これ食べられない」と
素直(?)になってしまったからかな。

作るのは好きなのにねぇ。



偏食的生き方のすすめ
偏食的生き方のすすめ
posted by しい子 at 22:37| Comment(9) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
好き嫌いが激しいのに、作るのが好きって
チョット不思議な気が、、、
頭の中で味を組み立てたり、組み合わせを考えたり、タイミング(段取り)を考える時が楽しいよね^^
食べ物の好き嫌いが多いと、ずいぶん損している気がする。
美味しい食事と幸せな気分は、私の中で沢山の思い出があります。

大人になると、
子供の頃に『ダメでしょ!!』って言われてた事を沢山してる。
これって、子供より、ちゃんとしていない事になるね。

昨日で30代も終わりですので、今日からHNを変えますね。^^
Posted by 五右衛門 at 2006年09月14日 02:09
HNを『龍一』から『五右衛門』に変えますね。
が、正解です。
Posted by 五右衛門 at 2006年09月14日 02:14
私にとって料理って手芸に似てる感覚があるんです。
後、作ったのを喜んで食べてもらえたら
それはもう、とても嬉しくって。その嬉しさで余計好きに
なるっていうのもありますね。


お誕生日だったのですね。
おめでとうです。
Posted by しい子 at 2006年09月14日 07:23
今日、御赤飯を食べたのですが、
実は、今年になって初めて御赤飯が美味しいと感じれる様になったんですよ。

今まで嫌いだった食べ物を『美味しい』と感じる瞬間って、ちょっと感動ですよ。

しい子さんは、嫌いな食べ物が沢山ある分、
きっと、これから沢山の『感動』が待っていると思います^^

Posted by 五右衛門 at 2006年09月18日 23:51
そういえば、子どもの頃は納豆が食べられなかったのですが
今は大好きになっています。

どこで、どう変るか分かりませんね。
Posted by しい子 at 2006年09月19日 18:11
私は、納豆に少し砂糖を入れて食べますよ^^

砂糖を入れるのは少数派ですが、糸の引き具合と、納豆の味がまろやかになるんですよ。
Posted by 五右衛門 at 2006年09月19日 22:02
私は生卵を入れます。
コクのある、卵かけご飯みたいになって
美味しいです。
Posted by しい子 at 2006年09月19日 23:22
納豆に生卵・・・そこに焼肉のタレを少々入れたらどんな味になるんでしょう?
(気持悪くなった方は、ごめんなさいね)

自分だけの食べ方ってありますよね〜

地方によっても特色ありますし^^

『それはないだろ〜!!』と言う食べ方だとしても、
その人の人間性は否定されない所がいいのかな。

『自分だけの楽しみ方』色々あっても良いですよね^^
Posted by 五右衛門 at 2006年09月19日 23:36
色んな食べ方ありますね。
調味料も「え?」と思うものを
好んでかける人もいますしね。

味覚もそれぞれなんでしょうね。
Posted by しい子 at 2006年09月20日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。