2006年12月14日

マニュアルより人間

『ローゼンメイデン』というアニメがあるんだけど
そのアニメの中で、こういうセリフがあった。

「ジュン(主人公)のこと
本当に分かっているのは本じゃなくて
ノリ(主人公の姉)なのよ。」と。


ひきこもりの弟を心配し、そして
どうしていいか分からず、本を読んで
何かいい答えが無いかノリは探そうとしたんだと思う。

けれど、もっともらしい事が書いてある本より
心から心配している人間の方が
ずっといい答えを出せるのかもしれない。

言葉だって、本に書いてある
キレイで上手な言い回しのものより

上手く言えなくても
その人の『言葉』の方が響くものね。

人の心を動かすのは
やっぱり人間なんじゃないかな。




プーリップ/ローゼンメイデン 真紅
posted by しい子 at 22:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・映画・ドラマ等感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペイパーリルがここへ心っぽい心配したよ♪
けれどここでしい子は心配ー!
そしてきょうしい子の、言葉へ心配するつもりだった。
Posted by BlogPetのペイパーリル at 2006年12月21日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。