2007年04月23日

泣かない女はいない

感覚的な部分がとても好きな小説。

日常の、ちょっとした感情を
自然に文章にしてある感じが
私の琴線に触れた。


私もニューシャトルで通勤していたことが
あったから

その頃のことと重ね合わせて
より色んな事柄に共感しつつ読んだ。

「ああいう、使い道がないのに
消えない記憶や知識は、使えるときに
使ったほうがいいんだ。」

と主人公の女性が、昔のアニメのマニアックな話を
した後の、聞いていた方の男性の言葉・・・

知識の競い合いっこをするわけでも
卑屈になるわけでも
興味なさそうにするわけでもなかったのが

何だか洒落てた。





泣かない女はいない
posted by しい子 at 20:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・映画・ドラマ等感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知識の話だよ♪
Posted by BlogPetのペイパーリル at 2007年04月29日 11:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。