2007年05月15日

猛スピードで母は

シェアブログ1152に投稿


『サイドカーに犬』と『猛スピードで母は』の
2作品はいってる。

『サイドカーに犬』の方は
父の愛人との思い出話。

父親の愛人なのに
まるで隣のお姉さんのように
自然と付き合ってしまう主人公の少女と

その少女に特別に構えることなく
接していた愛人(ようこさん)は

感受性豊かで、惹かれるものがあった。

大人になってから思い出す
子ども時代の風景は
懐かしさだけでなく、その当時は分からなかった

周りの大人の事情まで
「そうだったのか・・・」
と思い出してくるものだと感じた。


『猛スピードで母は』の母親は
『サイドカーに犬』を読んだ後だったので
ようこさんと重なった。

しつけにうるさくない女性像が
似てたからかもしれない。

大人の顔色をうかがう主人公の少年。
しっかりしてるけど
ませ過ぎて無いところが、何だか救われた気がした。


『サイドカーに犬』はムギチョコを食べたくなり

『猛スピードで母は』はドドを見に行きたくなる。




猛スピードで母は
posted by しい子 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・ドラマ等感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。