2007年05月30日

ハリガネムシ

サチコがある知人に似てる気がして
読みながらたまらなかった。

グロテスクな表現がたまに出てくるんだけど
読むのが辛くなるぐらいの
キツイ描写に感じる。

けれど最後まで読みたいと思えたのは

どこかで、主人公の気持ちに救いを待っていたのと
痛いながらも目が離せなかったから。

好き嫌いがわかれる作品だけど
ただグロテスクで性描写のある作品として
終れないと感じた。




ハリガネムシ
posted by しい子 at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画・ドラマ等感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうペイパーリルが、しい子でハリ描写するはずだった。
Posted by BlogPetのペイパーリル at 2007年06月04日 11:59
ペイパーリルが主人公に救うのかな?
Posted by BlogPetのペイパーリル at 2007年06月11日 12:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。