2007年12月09日

人のセックスを笑うな

オビに田中康夫さんが
「思わず嫉妬したくなるほどの才能」と
書いてたけど

私もスゴイなって感じた。

誰もが惹かれて当たり前の
外見の美しさでも
優しい心でも
快活さでもなく

もっと他のものに
どうしようもなく惹かれ、愛する感覚。

知っているからこそ
切なさがたまらなかった。

私にとっての
リアリティのある恋愛小説は
この小説のようなものかもしれない。

人を愛した時の『あの感覚』
思い出させてくれる。

読みやすいけれど
とても深い。




人のセックスを笑うな
posted by しい子 at 21:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・映画・ドラマ等感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しい子が影響するの?
Posted by BlogPetのペイパーリル at 2007年12月10日 10:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。