2012年11月08日

私の意見への非難

私が自分の意見をガンと言おうとする時に

私の意見を非難したり
私の意見の仕方に否定的なことを言われることが良くある。

それも、私が信用し
私を理解してくれていると思っていた人たちからということが多く

とても自信を無くすことがある。

そういったことが何度かあっても

私自身は、非難されることを理不尽に感じ
理解してもらえないことを悲しく思うばかりだ。

そうやって反省しないからだ

とまたまた言われてしまいそうだが

まずは理解してもらえてないという
スタートラインにすら立たせてもらえてない気持ちがあり

やっぱり私にとっては
納得いかない思いなのだ。

私の伝え方が、あまりに下手なのか

私の価値観が、一般的にはありえなさ過ぎるのか

非難されるのが当たり前なほど
私は酷いやつなのか

どれが本当なのか分からないけれど

そういった悲しい思いをしながらも
やっぱり、私の考え、意見を言いたくなるのだった。
posted by しい子 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

書きたい

最近、思ったことが書けずにいた。

これではダメだと
ここに戻ってきて、思ったことを思ったように書くことにした。


私は、自分を非難されても
それは傷つくだけで、文章で更なる意見を発信することは出来る。

けれど、無意識であろうと誤解であろうと
私の言葉が、人を傷つけていたことを知ると

自分が傷ついた時より、遥かに心をえぐられ
文章であっても言葉を発信できなくなることを今回知った。


まさに、私の座右の銘
「自分が傷ついても寝られるが、人を傷つけたら寝られない」

なんだと思う。

それでも、私は言葉を発信したい。

女性が、おしゃべりをしたいように

私は口で話す代わりに
文章で話したい。


怖い部分もあるけれど
それでも、自分の思いを書き表したいのだ。
posted by しい子 at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

見返りは求めてもいいのでは?

最近・・・

”見返りは求めてもいいんじゃないか”

と考えるようになってきた。


人の世話を焼くのが好きで
相手から頼まれる以上の用意をして、提供するという
友達がいる。

その友達は、自分が好きでやっているんだから
見返りなんていいと言う

私も同じようなこと思うこと多々あるから
わかるんだけど

その友達の親切を受け取り
そして、通り過ぎていく人々を見聞きしていると
なんだか寂しさを感じる。

そして・・・
友達が見返りを求めないことで
図に乗り、友達を使い捨てしているようにさえ思えてきて
悲しくなるのだ。


その友達が困ったとき
親切を受け取った人たちは
助けてくれるのだろうか?

見返りを求めないことで
友達の存在は、周りの人たちに
印象を薄くさせているように思えている。


過度の見返り期待は
相手にも負担だったり、不快かもしれないけれど
少しなら『お互い様』ということで
いいんじゃないだろうか。


自分も何かを求めるというのは
控えめが美徳な日本人には、キレイにうつらないかもしれない。

けれど、そういう欲求が多少でてくるのだって
自然な人間らしい気持ちなんじゃないだろうか。


人に何かをしてあげたら
”『少しぐらいは』(笑)見返りを期待してもいい”
ぐらいが、お互いに思い合える具合なんじゃないだろうか。




【送料無料】東京池袋発祥。行列のできるラーメン店「光麺」つけ麺・しょうゆ・とんこつ・塩の4...

posted by しい子 at 10:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

見た目年齢気になる?

http://escala.jp/lifestyle/hakusyo/081210/index.html

このページのデータからだと
多くの女性が、実年齢より若く見られているようだけど

それは実年齢より若い女性が多いからではなく

「いくつに見える?」

というアブラ汗が流れそうな質問に
気を使って若めに答えてくれた
周りの人の優しさが現れてるだけなのでは?

ここのページにも
『年齢あて』という欄に

「とりあえず人の年齢を当てるときには思ったより3歳下に言っておきます。」

と書いてあるけど
間違っても、上に答えることが無いようにって
気を使って実際見える年齢より、若く答えるものじゃないかな。


そうやって若く年齢を言ってもらうより
堂々と実年齢を公表した方がスッキリするし
私は好きだな。


友達の子どもなどに
私が未婚だということで

「お姉ちゃん」

と呼ばれたりすると

申し訳ない気がしてくる。

子どもからしたら、(いや大人からかもしれないけれど)
私は十分、おばちゃんと呼ばれてもいいと思う36歳。

だから、こういう時も
自分から「おばちゃん」と言うのが気持ちいい。


見ためより若く見えるなら
もちろん、それは嬉しい。

けれど、むりむり
若く見られるなら
歳相応でいいんじゃないかな。

だって、その年齢なんだもの。


もっと歳を重ねて
60代ぐらいになった時に、5歳〜10歳
若く見えたら、そっちの方が嬉しいかも。




しっと〜り!バームクーヘン職人のなせる技!歳月・感謝・お祝の気持ちを年輪に重ねて贈る♪治...
posted by しい子 at 09:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

感情と言葉の重み

言葉は、自分で体感してこそ
その言葉に、重みも深みも出てくると思っている。

だから私は、いろんなことを体感して
その時に心に感じたものに敏感でありたい。

感じたことを上手く言葉で語ることが出来なくても
文章として、表すことはしていきたい。


心が感じる気持ちは
適当に流すことは出来ない。

自分が感じた気持ちに向きあうことで

人を思いやる時に、役立つこともある。

「自分が、こうだったから
あいても、こうだ」

と思いこむのは危険だが

相手の気持ちを想像するのに
体感したことのある思いを選択枠に入れると
リアリティが出てくるし

相手の色んな思いに気づくこともある。


自分のも、人のも

感情には、いつも敏感でありたい。




【送料無料】(北海道・沖縄は別途)★宮崎産完熟マンゴー★1〜2玉パック入ご自宅用・ご進物用に
posted by しい子 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

友達へのメッセージ

私もね、仲良くしてたはずの人から
友達をやめられたり、拒否されたりしたこと
たくさんあるよ。

けれど、そういうことする人は
こちらが悪いことしたらではなく大抵は、その人の価値観で
もう私とは関わりたくないと思ったから、そうしたんだと思う。

△ちゃんの方のことも、詳しい経緯は分かり切れてないけれど

△ちゃんが何か悪いことをしたから
拒否されたとかではなく

相手側の人たちの、一方的な拒否だったり無視だったりするのかもしれない。

気になるだろうけれど、気にすること無いよ。

だって、△ちゃんは
人を傷つける人じゃないから。

私は△ちゃんが、優しくて思いやりのある人だと信じてる・・・というか
確信してるから。

辛いと思うけれど
出来れば、その人たちのことは、しばらく関わらずにて
他の人たちや、私たちの方で楽しもう。

謝りたいというのも分かるけれど
たぶん、その人たちは謝ってほしいわけじゃないと思うから。

余計に、△ちゃんが傷つくことになる気がするから。

世の中、いろんな人がいるから
すべての人と仲良くなれるわけじゃない。

でも、一人でも、二人でも
自分と仲良くなれる人はきっといるから。

少なくとも、私は△ちゃん大好きだよ。
これからも仲良くしたいと思ってるから。

悲しまないで。



これは、さきほど
ある友達に送ったメール。

このメールを書きながら
最近、私は自分の考えてること、感じてることを
そのまま出せるようになってきたなと思えた。


昔は、自分の感じてることよりも
相手がいってほしいだろうと思うことや

こういう場面では、こういうべきでは?

ということを言うことも結構あった。

でもね、それだと
結果によって、後悔するんだよね。


私が心から思ってる、このメールのような事だったら

相手からの反応や
その後の展開にも
後悔することなく、真剣に考えて対応が出来る。


キレイごとに見られようが
自分の思ってることを、そのまま伝えるのが
やっぱりいいね。



口に入れた瞬間溶け出す、新食感の生キャラメル【 今夜 19:00〜販売再開 】花畑牧場 生キャラメ...
posted by しい子 at 21:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

正直に言うとは?

私は、思ってることを正直に言う人が好き。

けれど、こういうと
ちょっと違った受け取り方をする人もいる。

「あなた、ゴリラに似てるなと思うんだ。
僕は正直だから、そのまま伝えるよ。」

これは、正直なのではなく

デリカシーが無いだけ。


正直に言うべきことは
こんなことじゃなくて

心の奥底にある
ドロドロとした感情だったり

比較的、人に隠したいと思う
自分の弱い感情を
勇気をもって隠さずに言うこと。

私の求めるのは
こっちの方。

求めると言うか
私自身が、そういう正直な人間になりたいんだよね。

まだまだ、嘘をついたり
弱い自分の心を隠してしまう。

もちろん、それがダメなわけじゃないと思う。

心の奥底の思いを出せないのは
悪いことじゃないもの。


ただ・・・私は
もっと心が強くなりたいから。

人も、そういう人を尊敬し憧れる。


自分の内面に嘘をつかないでいられる人間になりたいな。




黒胡椒・海老・サラダ・醤油・海苔巻。ふっくらおかき5種詰め合わせわたぼうしの詩 ご愛食用(1...
posted by しい子 at 20:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

年越し

昔は、大みそかやお正月は
特別なもので、気分も空気までもが違うような
不思議な感覚だった。

それが今は
大人になったからなのか

周りがお正月らしいことをしなくなったからか

あの特別な空気は
ほとんど感じられずに年を越すようになってしまった。


私が子どもの頃は
テレビも、日付が変わる前後は
皆、同じ「ゆく年くる年」の番組がやっていて

それも、「ああ、お正月がくるんだな。」
という気分を盛り上げていたけれど

最近では、バラエティ系か歌の生放送かと
カウントダウンも何だか、あっけない感じがする。


そして、年賀状も最近は雰囲気が変わってきた。

メールで出す人が増えてきたというのも
情緒が・・・と思うけど

もう一つ、最近感じるのは・・・


昔は、1月2日の年賀状配達はお休みだった。
新聞もお休みだった。

大半のお店が2日や3日以降の営業で
1日はお休みのことも多かった。

なのに、今は1日の朝から営業してるお店も多く

更にお正月という気分が無くなりつつある。


お正月は、もっと静かで
ゆったりしたものだった感覚だったのが
今では、違ってきてしまっている。

それが何だか寂しい。

古臭いかもしれないけど
年末年始だからこそ

情緒というものが欲しい。




魅せられる・美しい手作りガラス♪●中吹きガラス●サンドプラスト技法。情緒ある図案が心を和...
posted by しい子 at 21:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

偏屈頑固です

私はいつも書くように

自分のことを偏屈頑固だと思っている。

そう言うと

「自覚してるんだったら直さないとね。」

と言われることがあるけれど

直す気はない。

この性格、嫌いじゃないし
悪いとも思っていない。

ただ、人をムカつかせることもあるから
注意は必要だと思うけれどね。


この偏屈さで
色んな角度から物事を見るのが当たり前になったし

常識で完結しないで
物事や人のことを考えることで
色んなことが分かったり、分かりあえたことがあった。


自分のことを

「偏屈頑固」だよと言うのは

開き直っているというより

本来の私を誤解されないための予防線はり
みたいなものかもしれない。




スタッズショルダーバッグ
posted by しい子 at 15:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

腹をたてないで

自分がされた事に対して腹を立て
怒ったり、何かしたりする・・・

最近、こういう感情に関連した事件が多いように感じる。


自分ばかりが損をしてると思うから
腹が立つのだろうか?


イヤな目にあったり
理不尽な思いをしたり

誰だって、こういう思いしてるはず。


自分の欲求を主張するのも大事だけど
譲ったり
許したり
し合うのは、もっと大事なんじゃないだろうか。

それで図に乗られ続けたら怒ればいい。


相手が自分に理不尽な言動をしてこざる
おえなかった理由を推測してみてから
怒っても遅くないのではないだろうか。

「そんなのあいつの勝手に決まってる!」

本当にそう?


私はこういうことも
勝ち負けみたいなので考えてしまうから
カッとなって怒ったら、いくら相手が悪くても
負けのように思ってて

一呼吸置く。


こちらが被害者であると感じてるなら尚のこと
出方次第で、なんかこちらが悪者みたいになったら
それこそ損よ。

バカみたいな平和主義者と思われるかもしれないけど
みんな円満でいられるようにお互い歩みよるのが好きだわ。




★送料・代引手数料無料★〜夏はひんやり冬はぽかぽか自動で温度調節する抱き枕クッション!〜F...

posted by しい子 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

建設的

何か建設的なことをしてないと
時間が勿体ないような気がして、落ち着かない。


私という人間が
毎日、少しずつでも何かで成長し
レベルアップしていかないと
ダメなような気がしてしまう。


そりゃあね、人間は成長していった方がいいし
常に自分を高めることを考えるのがいいのかもしれない。

けれど、人は普通に一生懸命生きてれば
特別に何かをしなくても成長していくんじゃないかな。

それ以上に意識して
自分を高めようと強く思うのは

ただ前向きだから・・・で
終われないんじゃないかと考えた。


頑張ろうと思うこと、何かやろうと計画することで
気持ちが、ハイになる事がある。

「これで、私はレベルアップに向かえる」

という思いは
まるで、人に愛してもらえるかもしれないと
思える感覚のように

勇気と安心感をくれる気がする。


建設的なことをしたくなるのは
その安心感がほしいからかもしれない。


こうやって
考えてたことを文章にするのも
私なりの建設的なことの一つだろう。。。




【今ならポイント2倍!】12/14(金)9:59まで★癒し系のキュートなカピバラさんの湯たんぽで冬もあ...
posted by しい子 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

交通事故

23日の朝に、仕事の最中に上司の車に乗っていて
交通事故に遭った。

相手の車が私たちの左側からぶつかってきた感じ。

助手席側の前方付近にぶつかったんだけど
車は全損。

私は助手席の後部座席に座っていて
後ろだったけどシートベルトしてたから
無傷だった。

後ろでもシートベルトは大事よ、と痛感した。


上司さんは、打撲で出血は無かったんだけど
私より、はるかに辛そう。

すぐに二人して
救急車で病院に運ばれた。


事故は大きかった。

けれど私はどこも痛いところがなく
自分でも奇跡的だと思った。


それでも、何度も
あのときのシーンがよみがえったり

車にのると左からくる車が怖かったり

何よりも一番怖いのが
上司さんの怪我具合や精神的ダメージが
本当に大丈夫だろうか、今後も辛くなったり

酷くなったりしないだろうか・・・という思いで
たまらなくなることだった。


周りの人たちは
事故のわりには、どこも何ともない私に対して

交通事故っていうものは、後からでることもあるからと
心配してくれるんだけど

私は、それを聞くと
私で、後からでるぐらいなら
上司さんは、大丈夫だろうか

ただでさえ、私に責任感じて辛いと思うのに
体も、今より痛くなったりしたら
と想像するとたまらなくなる。


車がぶつかって
その時、私は「あぶない!」と言い
目をつぶった。

そして、衝撃のあと
目をあけたら

壊れて、エアーバックが出て
そこから軽く煙が出てて

うずくまり気味の上司さん・・・

私が受けた体の衝撃より
はるかに酷い状態が目の前にあって


何だか、そのじょうけいがトラウマみたいに
ドキドキと私の中で不安として渦巻いてて

事故で、体は何ともないんだけど
精神的に、こうやって苦しい。
posted by しい子 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

「がんばれ」という言葉が嫌い

コトノハの「がんばれ」という言葉が嫌い

というのに答えてみる。


私はこれに対しては一応「○」

理由は「頑張れ」って言われると
頑張ろうと思っていた気持ちが萎えて
何もかも投げ出したくなるから。

ひねくれ者でしょう?


そんな私でも「頑張れ」って言われて
素直に「うん、頑張る」と心の底から思えるのは

物事が上手くいってて
気持ちに余裕がある時。

こういう時は「もっと」と促されても
精神的にも肉体的にもパニック起こさずに済むからだと思う。


私にとって「頑張れ」と言われることは
「もっと苦しめ」
「もっと努力しろ」
「今のお前はダメだ」

と聞こえるからなんだと思う。

(やっぱひねくれ者かもね・苦笑)


基本的にサボる概念が無いつもりだから
普通にしてても 困難にめげないで我慢してやってると
自分では思ってる。

それでも人からは
そう見えないから、甘いってことで

「頑張れ」ってくるのかもね。

それとも、自分で心の中で
困難にめげないで我慢してやってる

なんて思うこと自体
自分を甘やかしてるのかな?


私が「頑張れ」と言われて

頑張ろうと思っていた気持ちが萎えて
何もかも投げ出したくなると答えたのは

切羽詰まってるのに
更に負い込まれる気になるからなんだと思う。





manhattaner's -マンハッタナーズ-スウィングウォッチ [うるうるミケランジェロ] ピンク
posted by しい子 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

喜んでほしい

人間は何故、仲良く出来ないのだろうか。


ちょっと相手を思いやれば円満にいくことも
「ズルイ」とか「なんで自分ばっかり」等の感情などから
イザコザが起こったり・・・。

人の代わりに何かをしてあげることは
「損」することじゃなくて

人に喜んでもらえたり
助かったと思って『もらえるかもしれない』
チャンスだと思う。


人にプレゼントするのが好きな人っているでしょう。
その人たちも、人に喜んでもらえるのが嬉しいんじゃないかな。

自分のお金なり、持っているものなりを削って
相手に出すのに、その人たちだって「損」だとは
考えてないよね。

人のために何かをするのも
似てる気がする。

喜んでくれたら嬉しいじゃない。

こちらだって、「喜んでくれたらいいなぁ」と思う方が
「なんで、私があの人のためにこんなこと
してあげなきゃいけないのよ。」

と思うよりずっと楽しいはず。


でもね、必ず「喜んでくれる」
相手は「助かったと感じてくれるはず」
と思ってはいけないと考えてる。

人によっては、余計なお世話って言ったり思ったりする人もいるし

気を使われて
返って心苦しくてあまり嬉しくないと考える人もいる。

世の中色んな人がいるからね

一般的にいい事だと思われることをしたからって
必ず、相手に喜んでもらえるとは限らない。

だからって、面倒だから何もしないっていうよりは
やっぱり、「喜んでほしい」気持ちは大事だと思うから。


少しでも人がお互いに
気持ちよく過ごせるように思いやれて

私欲にはしらなかったら
もう少し、イザコザって減らないかな。

甘いかもしれないけど
小さな一歩でもそういうことを考えていきたい。





デルモンテ マンゴー500mlビン×6本
posted by しい子 at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

物に執着する?

本当は、コレクターになりたいの。

けれど、誰かに捨てられたり、壊されたり
引越しなどでもって行けなかったりなどで

自分の思いを無視して
突如、「物」を手放さなきゃならない時に
辛いと感じるのがイヤなの。

物に執着するのを恐れてる。

過去に捨てられたことも
壊されたこともあったけど
相手が面白くないと感じるだろうほどに冷静だった。


だからといって、思いきりが良いわけじゃない。


もっと集めたいと思いながらも
それが出来ずにいるから

周りのコレクターの応援をしたくなる。


整理をするには捨てることというのを
いくつかの本で読んだことがある。

言ってることは理解できる。
けれど、「物」に執着するのを恐れてるくせに
心を捨てきれない。

自分の物より
人や家族が気に入っていたものや使ってたものは

本人たちが、思いきって捨てると言ってるのに
自分の物以上に捨てるのに躊躇する。私はいらないくせに・・・。


本当は、人よりも
「物」に執着しているのは私なのかもしれない。




「おまけ」の博物誌
posted by しい子 at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

ダメだったことに萎縮する

いつも不思議に思うのは

「みんな、何故そんなに簡単に
前の失敗や、ダメだったことを克復出きるんだろう?」

ということ。


私は、根深く憶えてて
かなり構えるし、今度は失敗したくないと緊張する。

叱られれば
その時の気持ちが残ってるから
萎縮する。

たぶんね、そんな風には見えてないかも。

それでも同じ失敗しちゃうから。

イヤなのに、やらかしちゃう自分・・・


だから余計に失敗やダメだったことが
忘れられない。


みんな、ほんとにスゴイなぁと思う。

次の日だったり
一週間後だったり
数ヵ月後には、そんなこと無かったみたいに

平気で過ごしているんだもの。


いや・・・それだけ克復するために
色々やってるのかな。


私の過剰反省症候群は、ここにも関係してるのかもね。




首に巻いて寝るだけで、下アゴを支えて「いびき」を解消!スノアゴン
posted by しい子 at 23:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

友達の辛い思い

友達が辛い思いしてるとね

綺麗ゴトじゃなく

私の分の幸せもあげるから
何とか、いい事があってほしいなぁと願う。


冷静(?)になれば
友達に私の分の幸せをあげて

私が辛い思いをするのはキツイし
イヤだなぁと思うのに

願掛けのように祈っちゃうんだよ。

別にいい人になりたいとかじゃないのに。

こういう時

「ああ、私、苦労や辛い思いしてきて良かった。
その分、これから良いことや幸せがあるはずだもん。

それをあげる・・・だから、だから・・・」

とね。


自分でも、何でそう思うのかワカンナイ。

理屈じゃないのかなぁ?
なんか、たまんないんだよね。





ネロ低反発腕枕ばく
posted by しい子 at 00:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

常識でも疑ってみる

常識を正しいと信じきるのは
自分で考えたり、体感して答えを出すことを
怠っているんじゃないかと、人を見てて感じることがある。


大事なのは
多くの人が言うこと(言うだろうと思われること)や
流されることではなく

自分自身が考える意見であり
世間的正義でも無いと思う。


変った考え方をすればいいってもんじゃないけど

皆が「正しい」と思ってきたことを
一旦、疑って
自分なりに判断することで

本当の意味での
自分の支持する考えを持てるじゃないかな。

大人として
自分の意見に責任を持つためにも

流されるだけではなく
常識であろうと、それをちゃんと考えていくべきなんだと思う。




コンビニATM 機能満載☆貯金箱はここまで進化した
posted by しい子 at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

仲良くの利点

人とケンカしたり

人を嫌いになるより

仲良くしたり、分かり合いたい。


おめめキラキラさせた、おバカさんだと思うかもしれないけど

いくつか修羅場くぐってきたからこそ思うこと。


勝ち負けで言うなら
嫌いになるより、好きになった方が勝ちだよ。

お互い、ギスギスした
イヤな気持ちをぶつけ合うより

優しい気持ちを持ち合いたい。

奪い合うより、そこから得るものの方が
ずっと大きいし貴重なんだよね。




レア商品発見!相合い傘が登場!!雨なんかへっちゃら♪2人用アンブレラ
posted by しい子 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

ほんのささいな

ほんのささいなことに傷ついて

ほんのささいなことに悲しくなり

ほんのささいなことで元気になる。

人の心って不思議。


「ほんのささいな」ことで
生きていくうえでの色んな影響がでるんだものね。


モヤモヤは心にたまる涙になり
気持ちは湿り気を帯びて
沈み、暗くなるけれど

これだって
「ほんのささいな」
暖かさに救われる。

私の中の水溜りも
それでかわいてほしい。





【ラッピング無料】O! CATCH オーキャッチザ・プリティーキャット キャリンヌキャット 50ml〔香...
posted by しい子 at 22:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 私の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。